山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

琵琶湖一周

雪景色を求めて、長浜行きの新快速に乗るが、2日に多賀神社に初詣に行ったときの雪景色は何処にも無い。琵琶湖越に見える比良は山頂付近は真っ白に雪を被っているが、湖東は春のような風景だ。伊吹山もまだらな雪肌だ。仕方が無いので、近江塩津で乗り換え、マキノで降り海津の風景をスケッチする。丁度、石垣が風除けとなって寒くは無い。桜の季節には大変な人出のこの海岸も誰も居なく静かなものだ。2枚スケッチし、駅に戻るが、タッチの差で乗り遅れる。1時間待つことになる。
b0057885_23182055.jpg

比良や滋賀辺りから見上げると、釈迦岳・堂満岳・琵琶湖バレー付近は雪が多い。湖北よりむしろこの辺りの方が雪が多い感じだった。
雪を被った古い家並みをスケッチしたいと思っていたが、残念だったが、のんびりとした”18きっぷ”の旅だった。
[PR]
by forest-hill | 2008-01-15 23:18 | 青春18きっぷ

坂越ハイキング

1/5 パソコン同好会のメンバー12人で坂越のハイキングに行く。
大阪駅8時発の新快速赤穂行きに乗車、坂越で降りる。千種川を渡り、坂越の古い町並みから、ハイキング道へ入る。上がるにつれ穏やかな瀬戸内の風景が広がる。
b0057885_20245341.jpg
2つ目のピークで昼食を取る。1月とは思えないほど暖かい。案内所の人によると、桜の季節には、桜とハイキングコースのつつじが丁度見頃だという。海を眺めながらのハイキングコースはあまり無いと思うが、歩いている人は我々のほか数人だけだ。小島への急な坂を下ると、海岸へ出る。海岸沿いに進むと、「海の駅」 牡蠣フライとビールで乾杯。隣の赤穂より、歴史が古く、風泊まりの港として栄えた坂越の家並みを眺めて帰路についた。
b0057885_20255074.jpg

[PR]
by forest-hill | 2008-01-06 20:27 | 山野遊歩

初詣

いつもは、天満の天満宮へ初詣へに行くのだが、今年は少し遠出をし、多賀大社へ行く。b0057885_15234072.jpg
年末からの寒波で、近江八幡を過ぎると、雪がチラホラ見え出し、彦根で近江鉄道に乗り換えて、多賀神社へ向かうが、すっかり雪景色になる。大阪から2時間足らずでこんな景色に出会うとはびっくり。参道を10分ほど歩くと、雪を被った本殿。雪で足元が悪いが、参拝者は多い。いつもとは違う景色に身も引き締まる気分だ。通路からはづれるとアイスバーン状態だ。寒い中で巫女さんがお神楽を舞っている。見ている方が舞っている本人よりも寒く感じる。




彦根へ戻り買ってきた名物の「糸切り餅」をいただきながら、米原から塩津行きに乗る。長浜辺りは雪が少ないが、木ノ本辺りから多くなり、余呉湖も雪の中に静まりかえった風景、わかさぎ釣りの姿もチラホラ見える。トンネルを抜けた塩津ではb0057885_15283749.jpg細かい雪が降り続いている。姫路行きの新快速に乗車、雪景色を眺めながら大阪へ。
雪景色を見れて、なんだか正月早々得をしたような気分になった初詣だった。
[PR]
by forest-hill | 2008-01-02 20:07 | 四季彩