山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


高橋 治著の「絢爛たる影絵--小津安二郎」を面白く読んだ。

「東京物語」「晩春」「麦秋」などの巨匠「小津安二郎」がいかにして作品をつくりあげるか?
高橋 治は、「東京物語」の助監督を努め、その撮影現場で映像つくりを真近かで見た。
そのときの体験をもとに、小津の映画作りにかける情熱と、その手法を分析している。
何気なく作られたように場面でも、セットや家具などもの小物、出演者たちのせりふまで、綿密に計算され尽くしていたという。

小津安二郎のこれらの映画の良さを分かるには、それなりに年を重ねてからだった。
若いときには、なんと退屈な映画だと思ったものだ。
最近、良くテレビで再放送されその度に、ローポジションで撮影された映像を楽しんでいる。
白黒作品ながら、古さを感じさせない。見るたびにその良さを再認識している。
[PR]
by forest-hill | 2005-09-28 23:22 | なにげない事

卒業しました

3ヶ月ごとの定期検診に行く。異常なし。
先生に「もうこの年末で、突然倒れてから5年になります)と言うと、
5年たてば再発のおそれは殆ど無いので「卒業してもよいでしょう」との言葉。
ここ1年ほどの検診でも問題が無かったので、完治したとの事である。
「成人病の検査は、定期的に受けてください」で、癌のための検診は終了した。

今振り返ると、3日3晩の連続点滴や、夜中にトイレにたって、途中で何も分からなくなり
ひっくり返り、看護婦さんをびっくりさせたこと、吐き気で何も食べられない、頭髪が見事に
抜け落ちたことなど、頭をよぎる。

先生の話では、癌の因子は誰でも持っているが、健康な体であれば、それを免疫などで
押さえ込んでくれるが、何かの引き金で、発生するとの事である。
17~18年前に、体の変調で、癌が発生しても分からず、検診などで分かるのは
14~15年以上経過してからしか分からないことが多いとのことである。

私の場合も何が引き金になったのか分からないが、完治と言われたことはうれしい。
今後も、浮かれずに過ごしていかねば、と気を引き締めたい。
[PR]
by forest-hill | 2005-09-26 11:40 | 日々雑感

マウンテンバイク

山岳会の会報原稿を印刷所へ届け、帰り道にふと見ると、スポーツサイクルの専門店が
あり店を見学する。現在使っているママチャリが、ペダルを踏むたびに、ガタガタと変な音がして
今にも壊れそうなので、新しい自転車をほしいと思っていた。
同じ買うなら前々からほしいと思っていた、スポーツタイプの自転車にする。
それにしても、高い自転車ばかりで、町の自転車屋に並んでいるものとは単位が一つ違う。
3万円台ほどで、いいのがあると良く見てみると、0が一つ多く、到底手が出ない。
この間、歌手の忌野清志郎が盗難にあった自転車が、130万円ほどの値段でびっくりしたが、
ここで見ているとそんなににびっくりするほども無い。
はじめはクロスバイクを選んでいたが、「輪行袋に入れて列車にも持ち込みたい」旨の希望に
スタッフの説明では、これでは車輪が大きすぎるので、マウンテンバイクの方を薦められる。
高い物は買えないので、いろいろさがすが、安いものでは高い身長に対応した自転車は
少ないという。
これならという2台の中から、白い車体のマウンテンバイクに決める。シマノ製 8×3の24速の
ラレー、イギリスのメーカーで、街中からツーリングまで使える。
早速、家まで乗って帰るがとてもよい乗り心地だ。
これでツーリングに行く楽しみがふえた。
b0057885_22495262.jpg

[PR]
by FOREST-HILL | 2005-09-25 22:38 | サイクルツーリング

上高地

車で上高地へ行く。
夕方6時半過ぎに家を出、途中で仮眠。平湯へは早朝6時前に着く。
途中から温度がぐんぐん下がり、13℃。
シャトルバスに乗り換え、大正池で降りる。ちょうど焼岳に朝日が当たり、霧がうっすらと立ち込めている。
梓川沿いにゆっくりと河童橋まで歩く。
槍か穂高へ登るのだろう、登山者の姿がさすがに多い。

今晩の宿泊所の小梨平キャンプ場のバンガローへ荷物を置き、明神まで往復する。
晩御飯は、家から持参した野菜と、白樺荘の売店で買った、ウインナー入りの鍋料理。
3畳の畳と2段ベッドで、布団も毛布もあり、ガスコンロまであるので、料理には楽だ。

あくる日は、9時前に出発。奥穂から前穂にかけての吊尾根がくっきり。
河童橋から田代橋あたりまで一周。
バスでのツアー客が次々とやってきて、朝のラッシュのようだ。
帰りの混雑を予想して早めに帰ることにする。12時に上高地を出発する。
駐車場へ入りきれない観光バスが延々と続いている。
観光バスの乗り入れを一切禁止し、全部シャトルバスに乗り換えるようにしたらどうかと思う。

平湯を午後1時過ぎに出発。
東海北陸道から名神高速を走り、午後7時に自宅に帰る。
天候も良く、のんびりと秋の上高地を楽しんだ。b0057885_22502091.jpg
[PR]
by forest-hill | 2005-09-19 22:51 | 山野遊歩

青春18きっぷで大垣へ

残っていた青春18きっぷを使い、東へ目的地も決めず新快速に乗り込む。
米原から、豊橋行きに乗り換えて、岐阜から高山線の鵜沼で降りる。
一駅だけ、名鉄に乗り犬山へ。
犬山から岐阜へ戻り、大垣で降りる。
芭蕉ゆかりの土地で、句碑が立ち並ぶ川端をのんびり歩き、大垣城へ。
戦前は、国宝に指定されていたという、戦災で惜しくも消失して、戦後再建された。
小さいが4層の端正なお城である。
城の展示館では、関が原の戦いの詳細な記録が展示されていた。
水の豊富な町で、自噴の井戸からこんこんと、水があふれていた。

次回はハイキングコースを歩き、金華山の頂上にある、岐阜城を目指したい。
b0057885_18514025.jpg

[PR]
by forest-hill | 2005-09-11 18:30 | 山野遊歩

野外スケッチ会

大阪城公園で野外スケッチ会、何とか雨も降らずに行う。

この日のテーマは「石垣」 

堀沿いに歩き、描く場所を探す。
梅林への通り道にある黒い頑丈な門と、石垣の対比が面白く、描く事にする。

上から木の実がパラパラと落ち、雨が降ってきたのかとあわてる。

時間が足らずにあわてるが、何とか仕上げる。
ちょうど描き終っ他ところで、雨が降り出した。もう少し細部を描きたかったが、早々に
切り上げる。

先生の絵は人や鳩、茶店の風景まで描かれて、動的な感じがするが、なかなかそこまで
描けない。つい人物などを省いてしまう。

普段から人物スケッチを練習して、今度は人物を描きこめたら・・・・と思っている。



b0057885_2184658.jpg

[PR]
by forest-hill | 2005-09-04 21:10 | スケッチ

ハリケーン

アメリカのハリケーン被害の状況はすざまじい。
被害者の一部が略奪を行うなどの光景に唖然とする。

ここ数年、台風が多発したり、ハリケーンの巨大化、各地の異常気象等、
地球を取り巻く環境が悪化している。

原因は色々あると思うが、その中でも地球温暖化が、その最大の原因だろう。
地球温暖化を防止するための、京都議定書を無視して来た、アメリカで、こんな
大被害が起きた事はなんとも皮肉だ。

これを機に、京都議定書に前向きになって貰えれば、と思う。
[PR]
by forest-hill | 2005-09-02 22:43 | 日々雑感
パソコンのリムーバーディスクとして使える、デジタルオーディオプレーヤーを買った。

CDを数枚MP3ファイル形式で保存でき、しかも、フロッピー代りで使え,FMラジオとして
使えるのでとても便利だ。

音質も、CDと殆ど変わらないし、走ったりするハードな動作にも対応できるので
とても便利だ。

考えてみると、ソニーのウォークマンが出てきた時には驚いたが、技術の進歩には
びっくりする。
[PR]
by forest-hill | 2005-09-01 20:19 | パソコン

茄子のスパゲッティ

今晩は夕食当番の日である。買い物に行くのも面倒なので、何を作ろうと冷蔵庫をのぞき、
茄子のスパゲッティを作ることにする。

にんにくと、玉葱を炒め、そこへ、さいの目に切ったトマトを入れソースとする。

茄子を輪切りにし、塩をふりなじませる。
シーチキンの缶詰をあけ、その油で、茄子を炒め、しんなりしたところで、先ほど作った
ソースを入れ、もう一度煮立て、塩胡椒で味を調整する。

出来上がりは、さっぱりした味で、即席にしてはなかなかの味であった。
[PR]
by forest-hill | 2005-09-01 19:53 | なにげない事