山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モクレンの花-Ⅱ

 なかなか暖かくならないが、モクレンの花は一段とふくらみを増し今にも咲きそうになっている。
b0057885_0304218.jpg
 
[PR]
by forest-hill | 2005-03-21 00:30 | 四季彩



 天候も良さそうなので、買ってあった「青春18きっぷ」で赤穂を目指す。姫路まで新快速で1時間、速い。しかし、姫路で12両のうち8両を切り離したため、通勤列車なみの混雑。相生でやっと混雑から開放される。赤穂は帰りに寄ろうと思い、日生で降りる。1時間港をぶらぶらする。漁船の手入れをする猟師たちと、小豆島への船を待っている車が数台あるだけで誰もいない。静かだ。ヨットハーバーのスケッチを一枚描く。
 
b0057885_23395634.jpg
 
 岡山行きに又乗る。車内案内で、尾道に13時20分に着くとの事で、予定を変更尾の道を目指す。このように気楽に変更できるので一人旅は便利だ。
 尾道は坂の町である。坂を上るにつれて海が大きく広がる。
向島の岸がすぐそこに迫り、海と言うよりも川のようである。文学の小道の案内板にしたがって千光寺へ向かう。階段を登りきると尾道の町が一望できた。 
 
b0057885_0224922.jpg

西国寺の仁王門にかけられた2メートルの大草鞋が圧巻であった。寺めぐりを終え、海岸べりを尾道駅へ、16時40分の列車で帰路につた。大阪着21時20分。楽しい旅だった。
 
 
b0057885_17244381.jpg




 
[PR]
by forest-hill | 2005-03-21 00:09 | スケッチ

絵の展示会

 水彩画の同好会で行ってきた展示会が終わった。
一年で一度だが、何を出品するかで迷ったが、今年は正月に行った八幡堀の絵に決めた。皆の出品作と見比べて、自分の技量が未熟なのが分かる。しかし、たとえ一年に一回でも人前に展示する事は、大変な刺激になり又描こうという意欲に繫がる。


八幡堀
b0057885_11274698.jpg
 
[PR]
by forest-hill | 2005-03-13 11:33 | スケッチ

コブシノ花

 東大寺二月堂のお水取りも終わったと言うのに、真冬に逆戻りをした寒さだ。
それでもこぶしの花は、蕾が段々膨らみ、丸みを帯び、今にもはじけそうになってきている。もう少しで春だ。
[PR]
by forest-hill | 2005-03-13 11:04 | パソコン

山を描く

 頼まれて大峰の山を描いた。
人から依頼されて描く事は初めて大変プレッシャーがかかった。
大普賢を望む
b0057885_9394068.jpg
 

笙の窟
b0057885_9424062.jpg
 
[PR]
by forest-hill | 2005-03-09 09:43 | スケッチ

西洋カラシナ




 寒さも一段落、急に暖かくなる。
いつもの散歩道である河川敷の西洋カラシナが満開である。
90mmのマクロレンズでアップして撮影する。
b0057885_9183546.jpg
 


紅梅も満開、春はそこまで来ている。




 
b0057885_9283018.jpg



 

 


 
[PR]
by forest-hill | 2005-03-09 09:18 | 四季彩

オガタマの花

珍しいから是非と勧められて、オガタマの樹を見に行った。
服部緑地の北東、滑り台の後ろに小さな花をつけていた。
b0057885_14472241.jpg

[PR]
by forest-hill | 2005-03-07 14:48 | 四季彩