山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:野球( 9 )

阪神は3位

昨夜で阪神タイガースの公式戦が終わり、結果は3位だった。
終盤になり、一時は追い上げて首位に立ったが、その後の連敗で結局3位に終わった。
シーズン初め、予定していた先発投手が総崩れになりながら、若手の台頭があり何とか3位にもぐりこんだ感じだ。
首位に立ちながら、そこから一歩抜け出すには、戦力が弱かった、という事だ。僅差をリリーフ陣の踏ん張りで逃げ切る試合が多いという事は、裏返すと打力が弱かったという事か??
金本に何時までも頼る事は出来ないし、もっと若手が伸びないと駄目だ。
林や桜井をはじめ来年は若い力がもっと台頭して欲しいものだ。
[PR]
by forest-hill | 2007-10-04 20:49 | 野球

メジャー挑戦

西武の松坂に続いて、阪神の井川もヤンキースでプレーする事になった。
ポスティングで高額のお金を支払っても、日本選手を取りたい球団が多数いる事は、野茂が始めてアメリカ球界の門をたたいた時と比べて、様変わりだ。
阪神ファンの立場からすれば、井川が抜けることは痛いが、行くからには充分活躍して欲しい。
あの頑丈な下半身を見ると、松坂より活躍するかもしれない。
[PR]
by forest-hill | 2006-11-29 22:58 | 野球

ロッテの応援はすごい

甲子園へセ・パ交流戦、対ロッテ戦の観戦に行った。
席はいつもの外野年間指定席、ロッテの応援団は右後のレフト上段に陣取っていた。
黒ずくめで、太鼓を打ち鳴らし手を振りかざし統一した応援だ。時おり全員が飛び上がっている。人数は少ないが迫力があった。
何度も甲子園に足を運んでいるが、セリーグのマンネリ化した応援風景とは一味違った応援だった。
試合はタイガースが好機を生かし得点を加え、ロッテは2度のノーアウト満塁で1点しか取れずにその違いが出て、9回に追いかけたが届かなかった。

5月に入りやっとタイガースも調子を上げてきたようだ。
[PR]
by forest-hill | 2006-05-12 16:24 | 野球

ロッテは強かった


日本シリーズはロッテが勝った。
日替わり打線だが、出てくる選手が皆持って要る力を出した。
それに比べ阪神の選手は、力が出し切れずに敗れた。
日程的なこともあったが、ロッテの方が力があった結果だろう。

今年は2軍でも、阪神とロッテが優勝している。
2軍の日本一決定戦でも、ロッテが逆転し優勝した。
その試合で、ロッテの中軸の選手のバットの振りがとても鋭いことに驚いたが、
その選手でも、1軍の試合に出ることが出来ないくらい選手層が厚い。
金本や今岡のように、中心選手の技量では上回っても、平均の力ではロッテの方が
上回った結果だろう。

阪神ももっとチーム全体の底上げが、連覇への鍵になるだろう。
[PR]
by forest-hill | 2005-10-29 23:49 | 野球

日本シリーズ

阪神とロッテの、日本シリーズはロッテの2連勝になった。
ロッテの選手は、プレーオフの勢いに乗って戦っているのと、対照的に
阪神は、ペナントレースが終わり、実戦から離れてしまい、勘が戻っていない感じだ。

いくら練習試合で調整しても、生きた玉を打っていない影響が出ている。
昨年も、プレーオフから勝ち上がった、西武が勝った。このままだと、プレーオフを
戦ったチームの方が調子を維持するからとても有利だ。
大リーグは、両リーグとも、プレーオフを勝ち上がったチーム同士が戦うので、互角である。
セリーグ、パリーグで優勝決定の方式が違うのはなんだかおかしいと思う。

ともあれ、明日から甲子園に変わる。2戦戦い、やっとエンジンがかかってきただろう。
これを機会に阪神の巻き返しを期待する。
[PR]
by forest-hill | 2005-10-24 23:22 | 野球

パリーグ プレーオフ

パリーグのプレーオフでロッテが勝ち、阪神と日本シリーズを戦うことになった。
ソフトバンクは昨年に続いて2年連続、ぺナントレースを1位で終わりながら
日本シリーズに出られない。何か割り切れないものが残る。

ペナントレースを制したアドバンテージをもっと見るべきであろうと思う。
プレーオフの見直しを期待する。

タイガースファンの私にとっては、この週末からのシリーズが楽しみだ。
[PR]
by forest-hill | 2005-10-18 18:30 | 野球

遠井ゴローちゃん

阪神の往年の名選手であった、遠井吾郎さんがなくなった。
「ゴローちゃん」の愛称で親しみやすく、温厚な選手だった。
足は遅かったが、打撃のほうは一流だった。
三原監督時代の大洋と優勝争いしていたとき、好投手の秋山を他の打者が封じられる中で、遠井選手だけは、完璧に打ち崩し、何処へ投げてもだめという感じだった。

最近の選手にはない個性を持った選手だった。また寂しくなった。
[PR]
by forest-hill | 2005-06-28 09:45 | 野球

野茂 通算200勝達成

野茂が日米通算200勝を達成した。すばらしい。
その内容も半分以上が大リーグで挙げた勝ち星である。
野茂が大リーグへの扉を開けた事により、イチローや松井の活躍がある。
最初はどれだけやれるか疑問視され、評論家の中には、通用するはずが無いと酷評した者が居た。
そんな声にもめげずに、大リーグの中で存在感をアピールしたのはたいしたものだ。
今後、これだけの成績を残すピッチャーは出てこないのではないか??
まだまだがんばって欲しい。
[PR]
by forest-hill | 2005-06-17 11:33 | 野球

交流戦

今シーズンから始まったセ・パ交流戦も、あと1カードを残すだけになった。
今まで見られなかった対戦がとても新鮮で楽しい。

子供の頃からの阪神ファンで、パ・リーグの試合は観ることが少なかった。
交流戦を観て、若く優秀な選手が多くいるのにはビックリした。
[PR]
by forest-hill | 2005-06-13 10:30 | 野球