山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:コーラス( 11 )

淀川区 第九

今年で3回目を迎える「淀川区 1千人の第九」のコンサートが12月24日メルパルクホールで行い、昨年に続いて参加してきた。
長い間練習を重ねてきたが、終わってみると、ほっとする反面寂しい気もする。開幕の緞帳が上がると、2階まで観客で埋め尽くされていて感激!!一昨年は2階席はガラガラ状態。昨年でも約7から8割程度の席の埋まり方だったが、今年は当日券が売り切れ満席。

b0057885_14271394.jpg

b0057885_14272994.jpg

1部の「世界歌巡り」に、続いてベートーヴェンの「第九・第4楽章 歓喜の歌」と、クリスマスソングを歌った。12月にはいってからの練習でも、なかなか揃わずに不安だったが、本番はそんな心配を吹き飛ばすような出来だった。歌いながらでも手ごたえを感じさせる出来だった。
団員 全員の協力で開催した手作りコンサートだけに、「サントリー1万人の第九」とは違った達成感があった。また来年だ!!
[PR]
by forest-hill | 2007-12-25 20:04 | コーラス
12/2 「サントリー 1万人の第九」に参加した。3時の本番開始だが、9時に大阪城ホールに集合、本番どうりのリハーサルを行う。
3時から本番、25周年を記念して、25歳の中島美嘉がはだしで熱唱。それに続き第九を歌う。オーケストラと1万人の合唱団の声はやはり凄い。指揮者の佐渡裕は汗びっしょりだった。

指導をしていただいた清原先生を囲んでの打ち上げ会。「韓国の葉加瀬太郎」と呼ばれている女性ヴァイオリンニストの熱演もあって盛り上がった。長い充実した一日だった。
b0057885_2059765.jpg

[PR]
by forest-hill | 2007-12-04 20:13 | コーラス
12/2の「1万人の第九」のリハーサルに、大阪城ホールへ、出演者が1万人はさすがに多い、ホールへ入るのにも人、人、人、自分の席に着くのに30分ほどかかった。
席は、一階のアリーナ席で、オーケストラの後3列の左端で、指揮者の佐渡裕や、ゲストの中島美嘉が、出入りする通路の直ぐ脇だ。合唱団として応募したからこんな良い席になったのかもしれない。指揮者の佐渡裕は、長袖のTシャツ姿だったが、リハーサルが終わる頃には、背中は汗びっしょり、指揮者とは我々が考えているよりはるかにエネルギーが要るものだと実感した。

9月の練習開始から約3ヶ月いよいよ明日が本番。楽しみだ。
[PR]
by forest-hill | 2007-12-01 23:23 | コーラス

佐渡裕レッスン

「サントリー1万人の第九」本番を一週間後に控え、指揮者の佐渡裕さんのレッスンを受けた。
「世界中の人々が、手を取り合い友達になろう」との歌詞の意味を読み取り、それを歌声に反映させるようにと、指示された。実際そのとうりに歌うと明らかに合唱の響きが変わるのが感じた。日本を代表する指揮者の指導はたいしたものだ。
2日の本番が楽しみである。
[PR]
by forest-hill | 2007-11-25 20:58 | コーラス

1万人の第九

12/2に行う大阪城ホール「1万人の第九」の本番が目の前に迫ってきた。
11/24 は、指揮者の佐渡裕さんとの合唱練習、12/1 は、夕方から会場でリハーサル。
12/2 本番当日は、9時集合で、リハーサルの後、3時から演奏開始。9月から練習を開始して未だ先のことだと思っていたが、あと一週間ほどだ。

これが終わると、12/24 にメルパルクホールで行う「淀川区1千人の第九」に向けての練習の追い込みだ。歌う曲が、第九のほか数曲あるが、全て楽譜なしの暗譜なので、歌詞を覚えるのに必死だ。
ボケ防止と、お腹から声を出すので健康のためにもなかなよく、楽しいものだ。
[PR]
by forest-hill | 2007-11-21 18:48 | コーラス

オラトリオ「天地創造」

延原 武春・テレマン室内楽団の、オラトリオ「天地創造」を”いずみホール”で聴いた。
オラトリオを聴くのは初めて、日本語に約すと「聖譚曲で、宗教的な題材による歌詞を持ち、独唱、重唱、合唱、管弦楽のための総合的かつ大規模な音楽作品」とある。舞台装置や演技が無い点がオペラと違う。
舞台の両サイドに字幕に歌詞の内容が表示されるので、原語で歌われる内容も理解できた。
地球創世から、アダムとイブ誕生までの物語、約2時間の大作だったが、長さを感じ無いほど聴き入る事が出来た。とても満足した!!
[PR]
by forest-hill | 2007-10-27 12:24 | コーラス

淀川区 1千人の第九

5月から練習した「淀川区 1千人の第九」の本番を、新大阪のメルパルクホールで昨夜行った。大きな間違いも無く歌い終えてほっとした反面、なんとなく寂しい感じだ。ピアノとエレクトーンと打楽器だけのシンプルな手作りコンサートだが、清原浩斗先生の熱心で的確な指導のもと全員がまとまり、唱歌のメドレーには子供達も参加し楽しく歌えた。また来年無事に歌いたいものだ。
b0057885_12102931.jpg
b0057885_1211097.jpg

[PR]
by forest-hill | 2006-12-23 12:12 | コーラス

プロの声量はすごい

22日の「第九」公演本番を目の前にして、ソリストやフルート独奏者との合同練習を行った。
それにしても、プロの声量も大きさには圧倒される。コーラスのメンバーが束にかかっても負けてしまいそうだ。身体全体が楽器のようだ。鍛え方が違うのだろう。
目の前でそんな歌いぶりを眼にするととても勉強になった。半年前から比べると少しは声が出るようになったかな??
[PR]
by forest-hill | 2006-12-14 22:59 | コーラス

人前で歌う

合唱のコンサートにメンバーの一員として参加した。人前でステージに立つのは、小学生の学芸会以来だ。年末に予定している、ベートーベンの「第九・歓喜の歌」コンサートの度胸付けに、その前に「人前で歌う経験を積もう」との先生の発案で急遽参加したが、リハーサルでは上手くいっていても、本番では一つ間違うとあわててしまった。譜面を見ながら歌う時は良いが、暗譜の時にはまだまだだ。中には大正13年生まれのメンバーも居られるが、合唱歴が永くしっかりした音程はさすがで、私とは年季が違うと感心する。
合同合唱で高校生と一緒に歌えた事は、大変新鮮で、若さを貰い若返った気がした。練習量の差かもしれないが、高校生はすべて暗譜で歌うから凄い。
上手下手は別にして、一生懸命練習し、大きな声を出した後はすっきりした気分だ。それが魅力だ。午前中のリハーサルから長い一日が終わり、打ち上げで年末のコンサートを目標に、よりレベルアップを目指し乾杯した。
[PR]
by forest-hill | 2006-10-29 23:07 | コーラス

1万人の第九

サントリーの「1万人の第九」にコーラスグループの団体で参加申し込みをしていたが、申し込みが多く、抽選の結果落選した。残念、来年再挑戦。
個人で申し込みを行った人も、3人に1人は落選とのことだ。こうなれば今練習している「1千人の第九」に専念するだけだ。
[PR]
by forest-hill | 2006-08-12 21:08 | コーラス