山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

賢島

29日から車で、賢島へ1泊旅行に出かけた。
連休初日なので高速道路の渋滞を心配したが、混雑なく、新緑を見ながらの運転も疲れない。
志摩方面へは子供が小さいときだから、30数年ぶりだ。
スペイン風のリゾートホテルのベランダからは、真珠の筏が浮かぶ入り江を眺めれれる。鶯の鳴き声だけが聞こえる。景色だけを眺めながらゆっくりと過ごす。
海岸べりに降りスケッチをしていると、小さな虫が一杯寄ってきて追い払っても追い払ってもやってきて、手を刺されたのか赤くはれ上がってしまった。b0057885_10421476.jpg


あくる日はゆっくりとチェックアウト、大王崎の灯台へドライブ。目の前に太平洋が広がる景色は壮大だ。穏やかな天候で下ではほとんど感じない風が、灯台の上部ではかなりきつい。台風や強風の日にはものすごい風だろうと推測され、灯台守たちの苦労さが分かった。
海岸べりに降りると、地元の女性たちが続々と集まってくる。海草や貝をとるのだろうがほとんどが見た感じ中高年者だ。坂道を下るの時には足元もおぼつかない感じだが、ウエットスーツに身を固め浮き輪を手にすると、しゃんとした感じで歳を感じさせない。たいしたものと感心した。

帰路、昔ながらの街道が保存されている関宿に立ち寄る。少し曲がった道筋に旅籠などが立ち並び軒がせり出している景色は昔へタイムスリップしたような気分になる。全国所々に昔の街並みを再現したところがあるが、ここほど長い街並みを保存したところは少ない。
鍛冶屋や桶屋の看板が面白く、覗くと今も昔と同じように営業をしていた。
昔ながらの街並みを保存してゆくには大変だろうが是非残してもらいたい。

ゆっくりのんびりした2日間の旅行だった。
[PR]
by forest-hill | 2006-05-02 09:45 | 山野遊歩