山歩き、水彩画、デジカメなど自然とのふれあいのページです。


by forest-hill
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「三国荘」といってもアパートや、文化住宅と間違われそうだが、民芸運動の柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司などの文化人が集まったサロンがあった場所だ。大山崎美術館でもその名前が出てくる。昭和の初期に朝日麦酒の初代社長であった山本為三郎が建てた三国の屋敷内にあったとされる事は分かっている。「京都近代美術館」で開催されている「アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」でその内部が再現されているらしいが、その場所がハッキリしない。三国の商店街も変ってしまい、昔の姿を知っている人が少なくなってしまった。 三国地域の地図を見てもそれらしい建物は無い。今までも調べてみたが大方あの辺りらしいという事以上のことは分からない。諦めていたら、、「アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」の記事を読むと、98年にその場所が確認されていて”今は民家として使用されている”という。地元であるのでなんととしても場所を確認したいものだが、現在住んでいる人はそっとして欲しいようだ。難しいものだ。
[PR]
# by forest-hill | 2008-10-15 09:08 | なにげない事

近代建築巡り

市内の近代建築のスケッチの出かける。次々と新しい高層ビルが誕生しているが、明治から大正期に建てられた、レンガや石造りの建物は、何か温もりを感じさせてくれる。保存するには大変だろうと思うが、遺して欲しいものだ。この日は、中ノ島から船場までを歩く。

市役所前の階段に腰を掛けて、日銀ビルを描く。
b0057885_23515727.jpg


市役所の裏側に回り、中ノ島図書館を描く。
b0057885_23532535.jpg


土佐堀川を渡り、高麗橋にあるレンガ造りの、シェ・ワダ高麗橋本店を描く。
b0057885_23595485.jpg



休日は人もまばらで、スケッチするには良い。シェ・ワダ高麗橋本店の横に、日本キリスト教団の教会がある。次回はこれを描きたいものだ。
[PR]
# by forest-hill | 2008-10-14 00:08 | スケッチ

ベンガラの里「吹屋」

「鉄道記念日きっぷ」で、吹屋へ行く。青春18キップの秋版といった形で、少し高いが、JR西日本版だと、3,000円だが一枚単位で購入できるので便利だ。
古い町並みを訪ね歩いた紀行文で、「備中高梁から、はたしてこんな奥に集落があるのだろうか、と不安になるほど車を走らせた先に、突然、赤い瓦屋根が連なる集落があった」との記事を読み、興味を持った。
時刻表を調べると、大阪駅6:00の快速に乗車すれば、備中高梁からバスに乗り継ぎ11:50に吹屋に着く。帰りの最終は15:42発の高梁行きのバスがある。これに乗れば、20:30には大阪へ着く。、見学する時間は3時間半ほどだが。吹屋の町並みを歩き回るには充分だろうとこの計画で行くことにする。
10/11 大阪を6:00発の快速に乗り、姫路まで行く。ところが姫路から岡山行きへの列車が運転見合わせだ。この先の、人身事故で運転再開までどれだけの時間がかかるか分からない。この列車に乗れないと「高梁発の吹屋行き」のバスに間に合わない。
大幅に遅れるのであれば、赤穂線周りで岡山へ行き、行き先を「鬼ノ城」に変更しようとしていたら、20分遅れで列車が発車するとのこと、しかもトラブルでダイヤが乱れたため岡山行きが高梁行きに変更になっている。何が幸いするか分からないものだ。いつもは満員で岡山まで立ちっぱなしが多いのに、今回はゆっくり座れる。
高梁で下車、備中高梁城へ行く観光客は多いが、吹屋ゆきのバスは、乗客は数人しかいない。途中、石垣をめぐらした大きな家がやたらに多い。約1時間高度500mまで山道を登る。「吹屋ふるさと村」の看板があるところで降りる。バスの運転手にベンガラ製造で巨万の富を築いたお城のような屋敷「広兼邸」への道を尋ねると、とても遠くで歩いていたら3時間はかかるから無理だという。高梁の観光案内所で聞いたときには、約1時間で往復できるとの説明だったが大変な違いだ。しかし観光案内所で貰った案内地図を見ると、約3km、吹屋の町並みへは500mだ。往復で2時間もあれば行けそうなので、町並みを先に見学てから、広兼邸へ行くことにする。
b0057885_22483549.jpg
吹屋は緩い坂の両側に赤い屋根瓦の町並みが続く。格子や壁なども赤いベンガラに塗られていたのだろうが、大半の家は色あせて塗った当時の鮮やかさは無い。銅山が盛んな頃の写真を見ると、運搬用の荷馬車が道にあふれている。それに比較して、現在の静けさはなんだろうと思う。観光客も少ない。
小高い所に、現在も使用されている日本最古の小学校がある。鉱山が全盛期に立てられたのであろうも見事な建物だ。
b0057885_22571821.jpg

町並みを見た後は、少し離れた場所にある「広兼邸」へ行くことにする。小型車なら通るくらいの道を歩くが車や人に出会う事は無い。殆どの観光客が車で私達のように歩いているものはいない。峠を越え、山道を50分ほど辿ると、突然木々の向こうに、高い石垣が現れ巨大な屋敷がその上にある。映画「八つ墓村」などにも使用されたが、その巨大さにはびっくりする。
b0057885_23182242.jpg


現在は、寄贈されて観光用に公開されているが、いくら鉱山の経営やベンガラ製造で財産をなしたとしても、よくもこんな山奥に部屋数が56もある、巨大な屋敷を立てたものだと感心した。
往復の所要時間は、見学時間を入れて約2時間だった。
やはり高度が500mあるからだろう、3時頃を過ぎると急に冷え込んでくる。吹く風は冷たく、木々が色づき、吹屋は秋の佇まいだった。
[PR]
# by forest-hill | 2008-10-12 21:33 | 青春18きっぷ

鞆の町並み

「夏の青春18きっぷ」を利用して鞆の町を歩いた。
この夏は猛暑と、週末に天候不順や、私用のため「青春18きっぷ」を利用しての町歩きが出来なかった。7日の朝、5時半に目が覚めたので、急遽、鞆へ行くことにする。前もって時刻表を調べると、6時27分の快速を利用すると、福山に10時半着だ。
姫路、岡山で乗り換えるが、一人旅なので席も確保できる。
福山で下車。鞆行きのバス停を捜すが、駅前が工事中で分かりにくい。(駅前を工事中に福山城の遺跡が見つかり工事を中断、そのためにバス停が少し離れた所へ移動していた)やっと探し当て、バスに乗車、30分(510円)で鯛網で有名な鞆の浦で降りる。
釣りを楽しむ人で防波堤は鈴なりだ。親子連れの姿も多くみられる。
いつものようにバス停前の観光案内所で入手した地図を片手に歩く。10分ほど歩くと鞆港だ。
漁船がひしめき合って停泊している向こうに、シンボルの常夜灯と白壁の町並みが広がっていた。
細い路の両側に、瓦屋根どっしりした構えの家が連なっている。鞆は瀬戸内海の中間に位置し、ここで潮が入れ替わった。潮の流れを利用した航海が盛んだった頃には、満ち潮を利用して鞆へ。引き潮を利用して鞆から次の停泊地へ向かったという。その後、機関を利用した船の出現でその優位さが無くなりその地位を他に譲ったが、高台から眺めると往時の繁栄の様子が、大きな屋根の連なりや、大きな神社や寺が多さから実感できた。

スケッチポイントとしても名高く、この日も福山の絵画教室が開催されていた。その横で1枚描く、雨が降り出したため、着色は家で行う。

b0057885_20395763.jpg

[PR]
# by forest-hill | 2008-09-10 22:07 | 青春18きっぷ

きょうから9月

きょうから9月。この1週間ほど涼しかったせいか蒸し暑さが堪える。
異常な夏だったが、尾瀬は晴れ、白馬は雨、1勝1敗の結果に、良しとするか!!
[PR]
# by forest-hill | 2008-09-01 23:35 | 日々雑感

白馬岳土砂崩落

白馬大雪渓の上部、葱平で土砂の大崩落があった。
つい1週間前に、白馬岳登山のために2回も通過した箇所でありびっくりである。ニュースの画像を見ると、大雪渓を登りきり、葱平に取り付いた付近で、アイゼンを外していた場所で、高山植物が咲き乱れている所である。岩がゴロゴロして歩きにくく、登山道は崩落防止のための工事はされていたが、それでも何時崩れてもおかしくないような箇所であった。
この夏は雨が多く、縦走する予定が、雨、風、雷のために山頂も何も見えず断念して往復したが、あの時に崩落が起こっていたら、と思うと無事に下山出来た事にほっとしている。いまさら自然の力の大きさを感じた。
[PR]
# by forest-hill | 2008-08-20 09:00 | 山野遊歩

冷蔵庫がダウン

先日、勤めから帰り、あまりの暑さに、冷たいお茶でもと冷蔵庫の氷室を開けると、氷はひとかけらも無く融け、水ばかり。冷蔵室も冷えてなく、冷凍庫を開けると全て半解凍状態だ。
昨夜まで異常が無かったのに、モーターの音はするが、コンプレッサーの音はしないし、いつもなら暖かい側面も冷たい。ネットで検索すると完全な故障状態だ。
以前から少し大きな音がしていて、今にも壊れそうだったが、この暑い時を狙ってダウンするとは!!
2人暮らしで、冷蔵室なども詰め込んでいる状態ではない。2006年に購入しているから6年ほどで壊れるとは、ドアに液晶が付いていて便利だったが、インターネットで調べると、この会社の冷蔵庫の評判はあまりよくない。テレビなどの液晶の評判は良くても、冷蔵庫の基本性能であるコンプレッサーがダウンするとは情けない。
アウトドアで使用するクーラーボックスを、2台取り出しローソンで氷を購入し応急対策を行う。
修理依頼を行うが、連日の猛暑で、クーラーの取り付けに追われて、2日ほど後になると言う。
修理代も高くつくようだし、また故障するのも困るので、結局新しい冷蔵庫を購入した。
無駄な労力と、無駄なお金を費やした冷蔵庫騒ぎだった。
[PR]
# by forest-hill | 2008-07-29 23:39 | 四季彩

はるかな尾瀬

7/21から、山ノ鼻、尾瀬沼の2泊で尾瀬を歩いた。
東海道、上越新幹線を乗り継ぎ上毛高原駅より鳩待峠から山の鼻へ、尾瀬を歩き終え、帰り道の人達の延々とした行列と出会う。山ノ鼻の植物研究見本園では、トキソウ、サワラン、カキツバタリュウキンカ、オゼコウホネ、ワタスゲなどを見ることができた。「山の鼻」の小屋は、連休の最終日だったせいか、空いていたし食事もよく大満足。
b0057885_1844494.jpg


22日は牛首から、ヨッピ吊橋、東電小屋、見晴を経て尾瀬沼まで。ちょうどニッコウキスゲの最盛期で、牛首からヨッピ吊橋までの木道の両側は黄色い花のじゅうたんを敷き詰めたようだった。
b0057885_21401882.jpg


朝夕は涼しくとも、木道歩きはさえぎるものが無く暑い。温度計を見ても28℃ほどある。しかし雨の中を滑りやすい木道を歩く事から比べればらくだ。贅沢を言ってもきりがない。
見晴では、靴のソールが剥がれた人が居たので、いつも携行しているテープを提供する。長年使っているとミッドソールが、経年劣化でボロボロの状態になる危険は前から注意されていたが
、少しでも役に立つ事を思うとテープはいつも携行したいものだ。

23日は尾瀬沼の長蔵小屋から三平峠----大清水の楽なルート。片品温泉で汗を流し、東京までバス。東京から新幹線で大阪へ。

大阪から尾瀬へ入るには、アプローチが長く不便だ。「はるかな尾瀬!!」を実感した。
[PR]
# by forest-hill | 2008-07-28 21:46 | 山野遊歩

訓練山行

今年の夏山は、「白馬岳から杓子岳を越え白馬鑓」のコースに参加することになった。しばらく荷物らしい荷物を担いで山を歩いていなかったので、それに備えて単独でトレーニングに行く。
阪急芦屋川を降りると、いつもながら多くの登山者の人・人・人である。縦走路を避け、城山から荒地山経由で---雨が峠---一軒茶屋----西お多福山---御影のコースに変える。
薄曇りであったが風も無く大変暑い。下りも西お多福山から御影までのコースも下りばかりだが嫌になるほど長かった。
白い花をつけた「オカトラノオ」の群落と、ときおり聞こえる「カジカ」のなき声だけが、清涼剤だった。

夜は、ウインブルドンの男子決勝「フェデラー」と「ナダル」の試合を観戦するが、トレーニングの疲れで第2セットの半ばで、眠くなり諦める。結局ナダルが勝ったが、これからしばらくナダル時代となるだろう事を予感させる試合ぶりだった。
[PR]
# by forest-hill | 2008-07-08 00:15 | 山野遊歩

陶芸展

所属している水彩画同好会のメンバーが、お友達3人と初めて「陶芸」の個展を開かれたので、道頓堀まで行く。
こじんまりとした会場で3人3様の個性が出ている作品が展示されていた。「Iさん」の作品は得意とする鉛筆で描く繊細な人物画の雰囲気が、作られた陶器にも反映されていた。
淡いパステルカラーが茶色やグレーがかった地肌と程よい調和は心を和ませるものだった。
始められてから1年半ほどとの事だが、センスのよさにびっくりした。見ているうちに始めたい気持ちもあるが、これ以上手を広げるよりまずは水彩画の技量アップを!!
[PR]
# by forest-hill | 2008-06-29 20:41 | なにげない事